白壁の古いまち「内子」(愛媛県喜多郡内子町) - 四国で一人旅を満喫するブログ「香川県、愛媛県、高知県、徳島県」 

四国(愛媛、香川、高知、徳島)を一人旅すると、海や川、山を舞台にした自然美にあふれる景観や素朴な郷土料理との出会いがあります。

スポンサーリンク

本州と四国を結ぶ連絡橋には、「明石海峡大橋・大鳴門橋」、「瀬戸大橋」、「しまなみ海道」の3つがあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「四国」は日本列島を構成する島のひとつで香川県、徳島県、愛媛県、高知県から成ります

スポンサーリンク

四国の最高峰は愛媛県の石鎚山(標高1982m)、2位は徳島県の剣山(標高1955m)です

白壁の古いまち「内子」(愛媛県喜多郡内子町)

内子 (51)
▲古きよき時代を感じさせてくれる内子のまちなみ(愛媛県喜多郡内子町)

四国に1人旅をして、訪れてみてよかったと思う地のひとつに「内子」というまちがある。内子は愛媛県の南予地方、松山市の南西40kmに位置する歴史のまちだ。JRをつかっての四国1人旅なら、JR松山駅から予讃線・JR内子線の普通列車で約60分ほど(特急なら25分)。


内子に、四国の1人旅で訪れた日、しっとり静かな雰囲気がまちに漂っていた。JR内子駅から古い町並みが多く残されているという「八日市護国のまちなみ」に向けて歩いていくと、しばらくして古い雰囲気の建物が沿道にならびはじめた。虫籠窓やなまこ壁の民家などが見られる。



10分ほど歩いていくと、木造二階建ての風情のある建物だと分かった。古い木造で、屋根の上には太鼓櫓が印象的。この建物はなにかな?と思うと、それは内子座だと分かった。内子座は、大正5年(1916年)につくられた建物で、開業から人形芝居や歌舞伎などが催されてきた。現在でも内子座では、昔ながらの芝居が定期的に催され、観衆たちを楽しませているそうだ。四国の1人旅をする上で、そんな昔ながらの風景と出会うときなんだかとてもうれしくなる。

内子 (21)

▲大正5年に建てられた「内子座」(愛媛県喜多郡内子町)


坂道を歩いていくと、内子町のハイライトである、八日市護国のまちなみがあらわれた。歩いていくと、次々と白壁の古い建物が視界に入ってくる。その歴史を感じさせる風景にしばしば足を止める。土壁の蔵や格子窓を構えた豪商はじめ、古い家並みが800m近くつづいている。その町並みを観て「見事だなあ!」と感じた。なぜなら、これだけ古いまちなみがきれいに残されているのは四国を1人旅したなかでもほとんどなかったからだ。
内子 (32)
▲内子は、白壁のまちなみ景観が整備されている


内子ではかつてハゼの流通が盛んで、流通業を営んでいた商家が多く並んでいるのだという。ハゼの流通のほかには、木蝋産業も盛んだった。木蝋といえば、沿道の一角にはかつて蝋商人として栄えた上芳我邸(かみはがてい)も現存していて、漆喰の壁が見事である。
内子 (46)
▲蝋の豪商として栄えていた上芳我邸


古きよき日の四国の姿が見られる、それを今回の南予への1人旅では味わえたように思う。なお、八日市護国地区の家々には現在も人が住んでいるのそうだが、まるで時代劇のセットのようにとても町並みがきれいにおさまっていると感じた。それは、内子ではまちぐるみで積極的に町並み保存活動が行われていて、たとえば電線が地下に埋め込まれているなど、昔ながらの景観を観光客がそのままの形で鑑賞できるよう工夫がなされているというのだ。1人旅の旅人も含め、観光客の多くは、非日常の風景を求めていてそこに安らぎや感動を覚えるものだ。それを内子では、住民や観光振興をする人々たちがうまい具合で協力しあい、町並みを保存しているのだ。素晴らしい取り組みだと思った。
内子 (33)
▲内子ではまちが一体になって景観の保存を行っている(愛媛県喜多郡内子町)


内子の八日市護国地区を中心に、まさに昔ながらのまちなみが広がっている。内子を1人旅していると、まるで、江戸時代から明治時代にタイムスリップしたような感覚を覚えるほどだった。四国の1人旅には、古き良き時代を生きた人々との痕跡を感じさせる風景との出会いがあり、味わい深いものだと改めて思った。



今回の「四国 1人旅」DATA

「内子」
(交通)鉄道:JR内子線 内子駅
(車)松山自動車道松山ICから25分
(宿泊)1人旅に便利な、内子周辺の宿(楽天トラベル)
>>愛媛県 内子および周辺の宿
(地図)

大きな地図で見る
今回の四国一人旅で足を運んだ内子(愛媛県喜多郡内子町)の場所
「四国」は日本列島を構成する島のひとつで香川県、徳島県、愛媛県、高知県から成ります

スポンサーリンク

四国の最高峰は愛媛県の石鎚山(標高1982m)、2位は徳島県の剣山(標高1955m)です
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 四国で一人旅を満喫するブログ「香川県、愛媛県、高知県、徳島県」  All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。