(旅のコラム)有形文化財に登録されている温泉宿 小藪温泉(愛媛県 大洲市) - 四国で一人旅を満喫するブログ「香川県、愛媛県、高知県、徳島県」 

四国(愛媛、香川、高知、徳島)を一人旅すると、海や川、山を舞台にした自然美にあふれる景観や素朴な郷土料理との出会いがあります。

スポンサーリンク

本州と四国を結ぶ連絡橋には、「明石海峡大橋・大鳴門橋」、「瀬戸大橋」、「しまなみ海道」の3つがあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「四国」は日本列島を構成する島のひとつで香川県、徳島県、愛媛県、高知県から成ります

スポンサーリンク

四国の最高峰は愛媛県の石鎚山(標高1982m)、2位は徳島県の剣山(標高1955m)です

(旅のコラム)有形文化財に登録されている温泉宿 小藪温泉(愛媛県 大洲市)

清流・小藪川(愛媛県)を遡り、緑のトンネルを抜けていくと、風格ある一軒宿が現れた。3階建ての木造。 それが小藪温泉(愛媛県 大洲市 肱川町)だった。雲が切れ、青空が広がってきた。

愛媛県 大洲市 小藪温泉 外観



 愛媛県の大洲市、肱川町にある小藪温泉は、歴史ある温泉宿。かつては「山間稀に観る高壮美観なる楼閣」とも称された温泉である。入母屋造・桟瓦葺の本館は、大正2年(1913年)に立てられたもので、 国の有形文化財 に指定されている。小藪温泉(愛媛県 大洲市 肱川町)は、古来より湧いていた源泉を、文久元年(1861)、福山喜三米氏が旅館に引いたものだ。その後、本館の100m地下からも約16度の冷鉱泉も湧出。

愛媛県 大洲市 小藪温泉 温泉


「お待ちしておりました。さぞかしお疲れになったことでしょう。」にこやかな小藪温泉(愛媛県 大洲市 肱川町)の女将さんが奥から出てきて、中へ案内してくれた。館内の奥にある大浴場には、石灰石と砂岩でできた岩風呂と、木の香りが清々しい ヒノキ風呂 があった。湯船に入ると透明の湯がザーッと流れた。窓は大きく切り取られ、小藪渓谷の様子が一望できるようになっている。湯の表面には、木々の緑が鏡のように映しだされていて、ゆらゆらとゆらめいていた。自然の息吹を堪能しながらの入浴。正に至福のときである。小藪温泉(愛媛県 大洲市 肱川町)は泉質もよく、「 美人の湯 」とも称されるぬるぬるした湯は、肌に馴染みやすかった。創業当時から湯治場 として愛されてきたのもよく分かる。

愛媛県 大洲市 小藪温泉 高台より


 湯上り、夕陽が床に長い影をつくりだし、張り巡らされた木造の欄干をより繊細に浮き立たせていた。
<小薮温泉>(愛媛県 大洲市 肱川町)


(住所)愛媛県大洲市肱川町宇和川 不定休
(宿泊)1泊2食付(10000円~)(日帰り入浴)可 (500円、子供250円)10~19時
(泉質)アルカリ単純泉
(交通)JR予讃線大洲駅から宇和島バス40分、鹿川大橋下車後タクシー5分・松山自動車道内子五十崎ICから約40km (駐車場)10台

関連記事
「四国」は日本列島を構成する島のひとつで香川県、徳島県、愛媛県、高知県から成ります

スポンサーリンク

四国の最高峰は愛媛県の石鎚山(標高1982m)、2位は徳島県の剣山(標高1955m)です
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 四国で一人旅を満喫するブログ「香川県、愛媛県、高知県、徳島県」  All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。