(旅のコラム)瀬戸内海が見える温泉宿 権現山荘 (愛媛県 松山市 権現温泉) - 四国で一人旅を満喫するブログ「香川県、愛媛県、高知県、徳島県」 

四国(愛媛、香川、高知、徳島)を一人旅すると、海や川、山を舞台にした自然美にあふれる景観や素朴な郷土料理との出会いがあります。

スポンサーリンク

本州と四国を結ぶ連絡橋には、「明石海峡大橋・大鳴門橋」、「瀬戸大橋」、「しまなみ海道」の3つがあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「四国」は日本列島を構成する島のひとつで香川県、徳島県、愛媛県、高知県から成ります

スポンサーリンク

四国の最高峰は愛媛県の石鎚山(標高1982m)、2位は徳島県の剣山(標高1955m)です

(旅のコラム)瀬戸内海が見える温泉宿 権現山荘 (愛媛県 松山市 権現温泉)

愛媛県 松山市 権現温泉 JR予讃本線 普通 松山行 松山平野の北東端、権現川に沿ったのどかな山あいに、 権現温泉という温泉がひっそりと湧いている。大正時代より湯治場として親しまれてきた温泉で、現在、権現山荘をはじめ、数件の温泉旅館がこじんまりと営業を営んでいる。 愛媛県 松山行のJR予讃本線鈍行は、賑やかな学生たちを乗せて、明るい田んぼを割って走っていく。今治(愛媛県 今治市)と松山(愛媛県 松山市)のなかほどにある、堀江駅(愛媛県 松山市 権現町)で降りると、予約を入れていた、権現温泉(権現山荘)の若旦那さんが待ってくれていて、白い歯を見せた。 愛媛県 松山市 権現温泉 権現山荘 車は、甘酸っぱい香りのするミカン畑や、のどかな田園を窓に映して走る。小さな集落をすぎ、くねくねした道を登りきると、入り口に「権現山荘」と書かれた建物が現れた。 権現山荘(愛媛県 松山市 権現町)は、正に、山の上にあった。 権現温泉 夕陽  権現山荘(愛媛県 松山市 権現町)は昭和38年築の、なつかしい雰囲気がする温泉宿である。客室には、掛け軸や季節の生花が飾られ、基調が整えられている。窓は大きく切り取られていた。柔らかな光のほうに進み、カーテンを開けると、木々の隙間の向こうに、瀬戸内海が淡く浮かびあがっていた。海には、漁船がゆっくりと行き交っている。心地よい光景。目をつぶると木立の音や、野鳥の声が聞こえてきた。それぞれの音は、やわらかい陽だまりのなかに軽やかに弾み、茜色に染まった空の中に、静かに吸い込まれていった。 愛媛県 松山市 権現温泉 料理 しばらくすると部屋の戸がノックされ、女将さんが料理を運んでくれた。「さぞかしお疲れでしょう。どうぞごゆっくりとお召し上がりください」。膳の上には、瀬戸内海の旬の食材や山の幸が彩りよく盛りつけられていた。鯛の刺身、霜降り和牛のバター焼き、メバルの煮付け・・。権現山荘(愛媛県 松山市 権現町)の料理は、愛媛ならではの、やさしさも伝わってくる美味しい会席料理 。ゆっくりとその味を味わった。 愛媛県 松山市 権現温泉 温泉 まちを染めた夕陽が落ちてから、一階の温泉へ下りると、大理石の浴槽に熱い透明の湯が揺れていた。 権現温泉(権現山荘 )(愛媛県 松山市 権現町)の温泉はアルカリ性単純泉。ヌルヌルした良質の湯で、しばらく浸かっていると肌がツルツルになった。昭和9年、権現温泉を愛した歌人・吉井勇は、この湯を、「大伊予の 友国の湯にひたりつつ ほのぼのとして ものをこそ思へ」と詠んだそうだ。 湯上り、外に出ると雲間に銀色の月が出ていた。山間には、カジカの声が、やさしく響きわたっていた。 <権現山荘> (愛媛県 松山市 権現町) (住所)松山市権現町甲820 (宿泊料金)一泊二食付き8550円~ (泉質) アルカリ性単純泉  (効能)神経痛、皮膚病、関節痛など (外来入浴)可(ひとり600円/15~22時)  (食事付き入浴)2500円~ (交 通) ・JR堀江駅からタクシー5分 ・松山ICより車35分 (送迎)可(応相談)  P:20台
関連記事
「四国」は日本列島を構成する島のひとつで香川県、徳島県、愛媛県、高知県から成ります

スポンサーリンク

四国の最高峰は愛媛県の石鎚山(標高1982m)、2位は徳島県の剣山(標高1955m)です
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 四国で一人旅を満喫するブログ「香川県、愛媛県、高知県、徳島県」  All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。